theater

ペルーに演劇しにいきます!

実は、3月のはじめに、ペルーに行って演劇をやります。
発端としては、15年以上一緒に演劇をやっている池田セサルさんのふるさとでの演劇公演、また、セサルさんのお父さんがご健在(なんと95歳!)なので、ぜひ見て欲しいと言う気持ちがあったからです。

しかし、メンバーと話を進めて行くうちに、働く子どもたちの団体MANTHOCや、児童養護施設などでの公演をやろうということになりました。そしてペルー在住の方にコンタクトをとってもらって、実現する運びになりました。また、ペルーの子どもたちの劇団Arena y Esterasでも公演をやります。

MANTHOCは、子どもの働く権利を主張する団体で(簡単にいうと、子どもが働いてはいけないと言うのは簡単だが、実際に則していない。それよりも、子どもが働いたところから搾取することをやめて欲しい、ということ)、またArena y Esterasは、最近ビデオカメラやプロジェクターなどが盗まれてしまったということで、何がしかの寄付ができたら良いのではないかという話になりました。

そこで、金銭的なこともそうなのですが、多くの人に私たちのことを知ってもらいたいと思って、クラウドファンディングをすることにしました。

ペルーの働く子どもたちと演劇で交流したい!

金銭的なこともあるのですが、演劇に興味がない人などもひかかってくれることを望んで、クラウドファンディングに挑戦です。

帰国してから、少しお時間は頂くとは思いますが、報告会も開きたいと思います。ぜひぜひ、皆さんのご支援をお願いいたします。

 

0