葛飾散策劇場

福原忠彦です。
11月シーズン『葛飾散策劇場』の紹介をさせて頂きます。

大好きな地元を、大好きな演劇で紹介したい!
そんな想いで立ちあげた「葛飾散策劇場」が大好評です。

事前に取材した地域の人たちを芝居仕立てで紹介します。

ひとりだったら、地元の人がいなかったら、絶対に回れないようなコースをご用意しました。

店内、店先、軒先、庭や公園を劇場に変えて、ゆったりと送る日本初の演劇紹介まち歩き。


A.立石様の謎を追え〜地と血をめぐる物語〜
 土曜午前(『間宮兄弟』餃子ランチ)

地名の由来になった立石様。
そして、かつて売血に多くの人が訪れた製薬会社。
葛飾に欠かせない川をテーマに、地と血をめぐる立石のディープな物語をお届けします。

【日時】2012年11月10日、24日、12月8日(土)の各日
午前10時30分〜午後1時
【参加費】大人2,200円/学生2,000円

※A、Bは土曜通し券を予約することができます。
チケット代は大人4,000円。学生3,500円になります。
B.立石クラシックス
 土曜午後(ワンドリンク&名物すいとん鍋)

仲見世商店街、映画館などの娯楽施設、呑んべ横丁、スナック街がなぜできたか。
なぜ町が変わってきたのか。葛飾区随一の歓楽街だった立石を浮かび上がらせます。

【日時】2012年11月10日、24日、12月8日(土)の各日
午前2時30分〜午後5時
【参加費】大人2,200円/学生2,000円

※A、Bは土曜通し券を予約することができます。
チケット代は大人4,000円。学生3,500円になります。
C.立石働き方大図鑑 〜働き方ワークショップ〜
 日曜午前(玄庵のちょっと贅沢ランチ)

働き方の入口にいる若者、働き方に悩んでいる方、地域で起業したい方におすすめ。
地域で働いている人たちのライフストーリーをひもとき、参加者で働き方についてじっくり考えます。
今回は最後にワークショップ形式の交流をします。

【日時】2012年11月11日(日)
午前11時〜午後2時
【参加費】大人3,000円/学生2,500円
D.呑んべ横丁はしごツアー
 水曜夜間(3店舗サービス付き)

言わずと知れた立石「呑んべ横丁」。
ひとりではなかなか開けられない、魅惑的な扉が並んでいます。
そこで、毎回合計3軒。ママとお店の魅力を演劇で紹介します。

【日時】2012年11月7日、14日、21日(水)の各日
午後7時〜午後9時
【参加費】3,000円(未成年は不可)

 

——————-
全コース共通事項

【集合場所】京成立石駅改札
【定員】各コースとも10名(先着順・最低3名で成立)
【締切】期日の3日前
【申込み】
(1)希望コース名 (2)希望日(第2希望まで) (3)氏名  (4)年齢  (5)住所  (6)ご連絡先
をご記入の上、HPよりお申込みください。  http://www.k-m-theater.com/

【備考】
A、B、Cのコースは荒天の場合、『葛飾散策劇場』を中止することがあります。
その際は、開催日当日の開始2時間前までにご連絡します。

【案内人】
プロフィール
福原忠彦(ふくはらただひこ)
1977年葛飾区立石生まれ。企業組合演劇デザインギルド所属。
2006年に葛飾に戻り、地域の住民たちと一緒に演劇づくりを始める。
『呑んべ横丁を物語る日』(2008年)『立石散策劇場』(2009年)を実施。

【主催】葛飾まちづくり劇場
【申込み・問い合わせ】
http://www.k-m-theater.com/

ワタシたち、そしてどうするの?ワタシたち、これからどうなるの? ~放射能汚染から広がる見えない差別~

差別は悪いこと、そんなのみんな知っています。
内部被ばくで障害児が生まれるリスクがある? 出生前診断が可能になったから障害児が生まれるリスクが減る? それってホントに必要なこと??
何が差別で何が差別じゃないか、善意の差別ってあるのか、なかなかざっくばらんに話す機会のないトピックですが、みんなでぶっちゃけディスカッションをしませんか???

日時:2012年11月4日(日) 14:00~16:00(予定)
*開場 13:30~

第1部(14:00~15:00): フォーラムシアター
参加者はみんなアクター。みんなで考えてみよう!

第2部(15:00~16:00):ディスカッション
みんなで話し合ってみよう!

参加費:無料(運営費のためのカンパをお願いしています)
場所:玉川台区民センター
(東京都世田谷区玉川台1-6-15:田園都市線用賀駅徒歩8分 / バス玉川台区民センター(渋谷駅~二子玉川駅))

 

定員:20名(先着順)
(予約はコチラまで!→omoishare@gmail.com 名前と連絡先をご連絡ください。)

主催:おもいをシェアしてみらいをかんがえる会http://omoishare.net/index.html

共催:企業組合演劇デザインギルド

フォーラム・シアターについてはこちら

村まつり

すずきこーたです

慌ただしく10月が過ぎていこうとしています。
スケジュール帳(って帳ではないけど)を見ると、10月は22日もどこかの学校に行っていました(これから行くのも含みます)。芸術の秋というか、学芸会の秋というか…。
何をやっていたか、そのうちアップしようと思います…。

話はかわりますが、児童館の話です。来年1月に、子ども夢プロジェクトと称して、子どもたちと演劇(ミュージカル??)をつくろうとしています。その発表会の宣伝(CM)及び、一緒にやりたい人いませんか〜という声かけのために、11/4 13:55から、池尻小学校第二体育館で行われる「村まつり」のステージに子どもたちが立つことになりました。

詳細はこちら
池尻児童館 村まつり

5分くらいのものですが、歌あり、踊り(?)ありです。お時間ある方は見にきて下さい。もちろん、1月の発表会もよろしくお願いしまーす。

まちが劇場に変わる「葛飾散策劇場」

福原です。「葛飾散策劇場」はじまります!

まちが劇場に変わる「葛飾散策劇場」

ただの観光ガイドではありません。
地域に住んでいる人たちを丁寧に取材しました。
取材をした場所やその近辺で、演劇じたてで、
まちや人を紹介していきます。
参加者やまちの人たちとおしゃべりをしながら、
葛飾の新しい魅力に囲まれながら、
ゆったりと送る日本初の演劇紹介まち歩き。

A〜Dの4コースあります。
コース内容、日時等は各コース名の箇所をご覧下さい。
集合場所、申し込み等、全コース共通事項は後に記載してあります。

 

A「立石様の謎を追え〜地と血をめぐる物語」土曜午前(食事つき)

地名の由来になった立石様。そして、かつて売血に多くの人が訪れた製薬会社。
地と血をめぐる立石のディープな物語をお届けします。

【日時】2012年9月8日、15日、22日、29日の各日 午前10時30分〜午後1時
【参加費】大人2,200円/学生2,000円

 

B「立石クラシックス」土曜午後(ワンドリンク&名物すいとん鍋つき)

仲見世商店街、映画館などの娯楽施設、呑んべ横丁、スナック街がなぜできたか。

そこに住んでいる人たちの証言をもとに、
葛飾区随一の歓楽街だった立石を浮かび上がらせます。

【日時】2012年9月8日、15日、22日、29日の各日 午後2時30分〜午後5時
【参加費】大人2,200円/学生2,000円

※A、Bは土曜通し券を予約することができます。
チケット代は大人4,000円。学生3,500円になります。

 

C「立石働き方大図鑑」日曜午前(食事つき)

立石には新旧いろいろな働き方の物語がつまっています。
旧職安、若者、菓子屋、古本屋、そば屋など
ひとつひとつの場所の歴史と、店主のライフストーリーをひもときます。

【日時】2012年9月9日、16日、23日、30日の各日 午前10時〜午後1時
【参加費】大人3,000円/学生2,800円

 

D「呑んべ横丁はしごツアー」水曜夜間(3店舗サービス付き)

言わずと知れた立石「呑んべ横丁」。
ひとりではなかなか開けられない魅惑的な扉が並んでいます。
そこで、毎回合計3軒。ママとお店の魅力を演劇で紹介します。

【日時】2012年9月12日、19日、26日(水)の各日 午後7時〜午後9時
【参加費】3,000円(未成年は不可)

 

A〜D共通事項

【集合場所】京成立石駅改札
【定員】各コースとも10名(先着順・最低3名で成立)
【申込み】㈰希望コース名 ㈪希望日(第2希望まで) ㈫氏名  ㈬年齢
㈭学生かどうか ㈮住所  ㈯ご連絡先
をご記入の上、メールかFAXよりお申込みください。
(※複数名の場合は同行者の㈫、㈬、㈭もお書きください。)

【備考】A、B、Cのコースは荒天の場合、
『葛飾散策劇場』を中止することがあります。
その際は、開催日当日の開始2時間前までにご連絡します。

【代表・案内人プロフィール】
福原忠彦(ふくはらただひこ)
1977年葛飾区立石生まれ。企業組合演劇デザインギルド所属。
2006年に葛飾に戻り、地域の住民たちと一緒に演劇づくりを始める。
『呑んべ横丁を物語る日』(2008年)
『立石散策劇場』(2009年)などを実施。

【主催】葛飾まちづくり劇場
【申込み・問い合わせ】
TEL:090−4003−5873 /FAX:03−3692−3088
メール:k.m.theater12@gmail.com

発表会やります

すずきこーたです

今度の日曜日、8/12、14時半ごろから、世田谷パブリックシアター稽古場で、小学4年生〜6年生のこどもたちと一緒につくった演劇を発表します!

福島から避難しているご夫婦の話を聞いて、子どもたちと一緒に考え、演劇をつくりました。というか、今つくっている真っ最中です。

多くの方に見て欲しいので、ぜひぜひお越しください。
特に入場料などは取りませんし、突然いらして頂いても構わないのですが、稽古場が分かりにくいところにありますので、事前に劇場にお問い合わせ頂くか、私の方へメールを頂けると、こちらからご案内を差し上げます。

子どものワークショップの情報はこちら

お待ちしてまーす!